本文へ移動

雨漏り改修工事

雨漏り改修工事

岩松建装の雨漏り改修工事

雨漏り

 
 
雨漏りは雨が降った時に建築物のどこかから雨水が侵入するトラブルです。
雨が降っていないときは問題ないことが多いため結露や漏水と見分けがつかず発見が遅れたり、処置に時間がかかったりします。
原因もいくつも考えられるため見た目だけで判断できない場合もあります。
 
しかし、長年雨漏りに対応している業者であればよくある原因のポイントはおさえているため適切な処置で雨漏りも改善してくれます。
 
よくある原因
 
屋根
屋根板金の曲がり、破損、屋根材の割れ、ずれなど屋根から天井に雨水が漏れてしみ込んでくる。
数年前にも大きな台風があり、突風が吹いた際に屋根材が損傷またははがれてしまってブルーシートで応急処置している住宅をニュースで見た方もいるのではないでしょうか。
まさにあれがひどい状態です。あの状態にはそうそうなりませんが屋根の一部が雨漏りの原因になることがあります。
外壁
外壁材のひび割れも多いですが外壁に多く使用されるコーキングの劣化、サッシ関連の劣化、ベンドキャップや配管関連の不具合、劣化もあります。
コーキングやパッキン系は劣化して本来の機能を発揮できなくなります。
ボソボソになって密着しなくなったり、すき間ができて水の侵入を許したりします。
ベンドキャップや配管も屋外と屋内をつないでいますので原因になります。
樹脂の場合は割れてきたり、周りのコーキングが剥がれてきたりします。
 
 
 
 
そのほかにも意外な原因の可能性もあります。
リフォームをした際に見た目はしっかり行われていても本来の水の通り道、逃げ道を妨げるようになってしまって水が侵入した住宅。
配管や木部をつたって屋内に侵入したため原因が雨漏り箇所から離れたところにあって原因究明に時間がかかった現場など様々です。
雨漏りの侵入を放置しておくと被害が拡大し修理が高額となる場合があります。
建材のカビ、腐敗、はがれ、さびなど材料と範囲によっては高額での交換となり、害虫の発生や漏電による火災など被害が大きくなると様々なリスクが考えられます。
 
 
少し垂れている程度だからとホームセンターでコーキング剤を購入し家主様が施工されるケースもありますが先ほども記述したように本来止めてはいけない箇所を止めて知ったり上からかぶせて何かを打ち付けてしまったりすることで被害が大きくなる、または別の雨漏り原因を作ってしまうことにもなりかねませんので
雨漏りを発見した際には早めに専門業者に依頼することをお勧めします。
 
 

雨漏り修繕工事写真

屋上雨漏り修繕

コーキングを打ってから防水塗料を塗っていきます。


雨漏り修繕工事写真

工場雨漏り

屋根各所から水が垂れてくるとのことで調査後
屋根の劣化したキャップを付け替え、コーキングもしっかり行います。


株式会社 岩松建装
〒431-0451
静岡県湖西市白須賀3985-50
TEL.053-579-1219
FAX.053-579-1996
業務内容
各種塗装工事
各種防水工事
FRPライニング工事
シーリング工事
塗床工事
注入工事
営繕工事
 リフォーム工事
0
1
8
7
6
5
TOPへ戻る